simplehouse BLOG 『こうしたい! + こうしては?』

リノベーションBLOG  |  インテリアBLOG  |  社長BLOG

月別アーカイブ: 2014年5月

個性的なビンテージチェストが入荷しました!

シンプルハウスのビンテージ家具。
このたび、また新しいアイテムが増えました!
今回入荷したのは、チェストとテーブルですが、
その中でも、ちょっと珍しい、小ぶりなサイドチェストがありましたので、
ご紹介します!
先ずは、幅57センチで、高さ75.5センチ、というかなりレアなサイズのチェストです。
店頭ビンテージ 001
幅が60センチに満たないものは、大体2~3段のドロアーであることが多く、
もう少し高さがあるものが欲しい!という声をよく聞きます。
こちらは、5段のドロアーを持ち、スタイルはモデルさんのように、シュっとしてます。
コンソールみたいに使っても、いいと思います。
小さな取っ手もかわいいです。
ドロアーとドロアーの間が、アクセントのように、
高さを変えてあるところも、憎いワザです。
店頭ビンテージ 005
正面から見ると判りにくいですが、
そっと横から見ると、あ!ゆる~くアールを描いています。
店頭ビンテージ 004
とても美しいシルエットです。
胸がキュン!とさせられる1点です!
そして、2台目のご紹介は、
グっと趣がかわります。
近年、伐採が禁止され、その希少性は高まるばかりの、ローズウッド。
日本では「紫檀」と呼ばれて、和室の床の間などに使われました。
そんなローズウッドを使った、渋い1点!
これです!
店頭ビンテージ 006
流れるような木目、重厚な色目、
凛としたデザインがとても美しいです!
店頭ビンテージ 010
取っ手の細工も手を抜いておりません!
そして、よく見るとサイドの枠まで、すばらしい意匠性を身にまとっています。
当時の家具職人さんが、この1点に掛けた思いが伝わるようですね。
今回ご紹介した2点のチェストは、はるばる北欧から日本に。
そして、日本の職人さんの手によって、
美しく磨き直され、オイルを施され、
多分新しく作られた当時と、遜色ない状態になって、
シンプルハウスにやってきました。
是非、ご覧頂いて、触れていただきたいと思います。
その滑らかさに、心が揺さぶられることと思います。
ストア担当  辻  ルミ




ビンテージのチェア、入荷スタートしました!

ビンテージ・オークション。
たくさんのご来場とエントリーで、にぎやかに終了いたしました!
皆さんのご参加ありがとうございました!
ステキな出会いに、感謝!です。
さて!本日は、4月の中旬に買い付けておりました、
ビンテージアイテムの中で、
チェア類が、ど~ん!と入荷して参りました。
ロールチェア入荷 007
先ずは、国内工場での、本体・木部分の補修とクリーニングを終えて、
これから、座面・背もたれの生地の張替えです。
選ぶ生地によって、表情は様々。
好みもありますが、デザインに合った、その椅子にピッタリなファブリックを選んであげたいものです。
先ずは、カイ・クリスチャンセン:ハーフアームと呼ばれる、
弊社でも人気の、定番です!
しかし、その希少性は高まるばかり。
座り心地のよさと、美しいフォルムで、男女問わず
心惹かれる方は多いはず。
ロールチェア入荷 003
そして、次の画像は、背もたれのホールド感で、
見た目にも心地よさが伝わる、チェアです。
デザインにピッタリな、深いグリーンの張り地で海を渡ってきました。
この色に似た、素材感のある生地を見つけてあげましょう。
ロールチェア入荷 012
次のチェアは、デザイナーズ。
肘掛がプライウッドで、グっと外に巻かれています。
ダイニングチェアというより、
座って静かに本を読む、といった、寛いだ女性の姿が見えるのですが、いかがでしょう。
エレガントな生地で使われていたようですが、
フレンチシャビーな匂いのする、生地なんかもいいのではないでしょうか。
ロールチェア入荷 011
他にも、ブラウンの生地のものは、
ノーブランドですが、クリスチャンセンを意識したかのような、肘のラインが優美です。
珍しく、4台揃いました!
テーブルから覗く、背もたれのラインも、やさしげですね!
また、オーク素材のチェアは、サイズ的にはコンパクトですが、座り心地はGOOD!
キュートなカラーの生地も、アリ!かしら?
ロールチェア入荷 015
ロールチェア入荷 014
ご紹介したチェアが、店頭に並ぶのは約2週間後。
ステキなファビリックでお化粧した、椅子たちに、乞うご期待!!
ストア・カズタマー担当  辻  ルミ